• ホーム
  • 生理不順の改善と休薬期間

生理不順の改善と休薬期間

生理不順の改善として低用量ピルを使用することはありますが、休薬の期間もありますので注意です。
それは28日周期のお薬のシートなら忘れないですが、21日分の低用量ピルのシートだとうっかりすることがあるので気をつけたいものです。
夜は早く眠るようにしてホルモン分泌を順調にさせることも、女性の体を健やかに維持する方法と言えます。
お薬を服用しても、夜の睡眠はないがしろにはできないので夜はよく眠るようにしましょう。

生理不順はお薬でないと絶対に治らないとは言えません。
むしろ西洋医学は病気を治すことはできないですが、症状を抑えることだけはできます。
そして婦人毛系の医薬品であっても副作用がセットになります。
病気や不調は病院でお医者さんが直してくれるというのは、もはや昭和の情報がない時代までの話です。
現代で情報を調べて学ぼうとする人はお医者さんも西洋医学も病気を治せない事を知っています。
だから自分の体は自分で守り抜くべきですし、体調を崩すようなことがあれそれは生活を整えるというのが大前提になります。

お医者さんができるのはお薬の処方や外科的な手術などであって、人間の病気を治しているわけではありません。
生理不順に悩める女子であるならば、まずは早寝早起きという基本からはじめましょう。
ホルモンのバランスが乱れるのは寝不足であることも良くはないです。
とても簡単ですが体内のホルモンの安定化を目指して早く寝て早く起きることを週間としましょう。
大きいストレスは解消をして、体内のホルモンのアンバランスを整えて行きましょう。
アロマを入れてバスタイムを楽しむと女子的にも心のリラックスになっていいです。

関連記事